アトピーだった私の体験談

小さい時にアトピーがひどかったのを覚えています。耳の後ろが切れたり、膝裏とひじ裏はいつもかきむしってかさぶただらけになっていたし、無意識にガシガ シと体中を掻いていました。3人兄弟で私だけアトピーだったので母はとても気にしていました。女の子なんだから身体がきれいじゃないと、と言っていたのを 覚えています。

そんなことを言われてもかゆいものはかゆいし、掻かなければ治まりもしないのでとにかく掻いていました。私の場合、身体が暖かくなるとかゆ くなっていました。お風呂に入ったときや、夏場はとくにひどかったです。あまりにも全身をかきむしるので、母は私にいろいろな薬を試していました

http://www.atopy-kanchi.com/

。茶色い 液体の物を身体全部に塗ってくれたり、アトピーに効く成分が入っているウエハースのお菓子を買ってきては毎日食べさせられていました。そのおかげかどうか はわかりませんが、中学生になることにはかゆいのがぴたっと治まりました。

残念ながら今までに掻いてきた部分やかさぶたにしてきた部分の傷跡は残ってしま いました。肌が全体的にアトピー特有の堅そうで少しまだらな肌にはなってしまいましたが、かゆみはほとんどありません。お風呂に入ったときや夏場はかゆく なるときもありますが、その時はなるべく肌が乾燥しないようクリームを塗ったり、治まらないときは病院で薬をもらうようにしています。あのとき母がしてく れていなかったらもっと症状はひどかったのかもしれません。

保育士時代の体験記

以前、私が保育士をしていた時、アトピーに悩む子どもは沢山いました。
それぞれ程度は違いましたが、中でも、私が年長の時に見ていた子の時の体験を書きたいと思います。
彼女は6歳の女の子でした。小さな時からアトピーに悩まされていました。
皮 膚科に度々いっては塗り薬をもらい、塗るようになっていましたが、あるとき、お母さんから薬を辞めたいということを聞きました。皮膚科で「このまま薬を 塗っても、その時には一時的にはマシにはなるけれど、薬に慣れてしまい、薬がないといけない体になってしまいます。」と言われた様です。
お母さんの希望もあったので、保育園でも塗り薬を中断することにしました。
しかし、その時期は夏で、汗をかくとかゆくて、本人もすごく辛そうでした。
できるだけ汗を吸収するシャツを着せ、汗をかいたらこまめにぬれタオルでふくようにしました。
本人もぬれタオルで拭くことで気持ちが楽になっていたようでした。
薬 を塗らなくなって2ヶ月ほどたちましたが、本人には薬をぬらないことですごくストレスがたまり、かゆくてイライラしていることが増えていました。家でもイ ライラでなかなか眠れなかったりが続いたそうで、薬を再開すると一時的にですが、かゆみもなくなり、子ども自身も落ち着いていました。
そこで、急に薬を辞めるのではなく、将来的に辞めれるように少しずつ時間をかけて辞めれるように減らしていくようになりました。

子どもがアトピーかもしれないと言われ

わたしには、1歳半になる息子がいます。息子がまだ1歳になる前、基本的に湿疹などもないきれいな肌だったのに、腕やひざ裏など、汗のたまりやすい部分に ブツブツができ始めました。

はじめは、アセモかと思い、こまめに汗を拭いたり、いつもより意識してきれいに洗ったり、とにかく清潔にしかわかすことを意識 していたのですが、治りませんでした。治らないうえに、だんだんかゆがるようになってきて、心配になり病院に行ってみると、アトピーかもしれないというこ とでした。

わたしたちは、夫婦もその親兄弟もアトピーではありませんが、家系に(いとこなど)数人アトピーの方がいるので、両親などが違っても、可能性が あると言われました。乾かすことを意識していましたが、適度なうるおいがないと逆に痒くなるということで、保湿を勧められました。

プロぺトという軟膏をも らいました。市販の白色ワセリンと同じ成分のようで、ワセリンは前から使っていたので、もっとはやくこの知識があれば、かゆい思いをさせずにすんだのかと 少し悔しくなりました。ひっかいて血が出た際には、アルメタなどの薬をもらい、幸いかるかったのか、小児科への数回の通院でおさまってきましたが、これら の薬は常備薬とし、冬場は特に意識して塗るようにしています。

アトピーの症状は人それぞれ

わたしの知人は、アトピー体質ですが、顔など外から見える部分にはほとんど湿疹やカサカサなどがなく、一見アトピーとわかりません。

夏場半袖を着ていて も、手などもきれいです。意識してみると、うっすらカサつきがあるのかな?と思う程度ですが、本人もかゆみもないようで、言われるまで周りもわからないほ どです。

そんな彼女ですが、あるものが、アトピーの発疹やかゆみを増発させてしまうようです。それは、生ものです。刺身やお寿司やローストビーフなどの半 生のものまで、とにかく、完全に火が通った食べ物でないと、全身にブツブツがでてとてもかゆくなるようです。一見食品アレルギーなのかと話を聞いて思って いたのですが、食品のアレルギーというよりアトピーによるもの、だということでした。

結婚式の食事などで、薄暗いところでソースがかかっていて一見半生だ とわからないステーキ(ローストビーフ?)を口にしてしまった際など、あとでつらかったようです。意識していても、ふと口にしてしまうこともあるだろうか ら、大変だと思います。呼吸困難などの、皮膚症状以外のアレルギー症状は出ないのに、皮膚にだけ異常に反応してしまう、というのはとてもつらそうだと感じ ました。アトピーと食品が関連しているということは、彼女の例で初めて知りました。アトピーにもいろいろあり人それぞれなのですね。